phd55266一覧

睡眠前の瞑想で得られる効果6選

睡眠の前に瞑想することは、良質な睡眠を得るためにとても重要なプロセスです。アメリカのマサチューセッツ工科大学MITで脳を研究している、クリストファー・ムーア氏は「瞑想を繰り返し行うことで、心の乱れが最小限に抑えられ、何らかの刺激で注意がそがれる確率が低くなると思われる。

肥満は睡眠に百害あって一利なし!

肥満は最良の睡眠を奪ってしまいます。肥満になると神経系や内臓に負担がかかり、内分泌系を混乱させてしまいます。ホルモンの分泌を司る内分泌系が混乱すると、睡眠に影響のあるホルモン、メラトニンやオキシトシン、コンチゾールを生成する機能に弊害が出てきます。

スポンサーリンク
広告中
広告中