日本初上陸!人間工学のいびき防止睡眠具・ナハトウェヒター

シェアして頂けると励みになります!


ナハトウェヒターはドイツで開発された新しい睡眠具です。こんな方にお勧めです。

最大の特徴は世界で初めて、横に寝る癖がつくという特許技術と人間工学に基づいた設計です。ドイツの睡眠研究所によって開発されたナハトウェヒターは、貴方の睡眠の質を上げて、快適な睡眠を提供いたします。

ランニングコストがいい!

ナハトウェヒターは今までのような使い捨てのランニングコストがかかる、いびき対策製品とは違います。3-6ヶ月着用するだけで、横に寝る癖がついていびきから解放されます。

ナハトウェヒター 競合A 競合B
26.5円/一日 600円/一日 83.0円/一日

※ナハトウェヒターは2年間使用
※競合製品は毎日使い捨て

これだけ大きく値段が変わってくるのです。

睡眠中にいびきをかくと、日中に倦怠感が出たり、会議中に居眠りしてしまったり、パフォーマンスを発揮できないことがあります。だからこそ、ナハトウェヒターでしっかりとした睡眠をとって、パフォーマンスを最大限に発揮しませんか?

ナハトウェヒターの特徴

①横に寝るトレーニング効果

ナハトウェヒターは3~6ヶ月着用するだけで、それ以降は着用しなくても横に眠ることができるようになります。トレーニング効果のある唯一のいびき製品です。

②快適な睡眠を約束する高い耐久性と通気性

ナハトウェヒターの素材には競技スポーツで使われる素材を採用しています。柔軟性にも優れるため、快適に眠ることができます。

③換気付きプロテクター

プロテクターは仰向けを防止する人間工学に基づいた特許技術を採用。また背中に汗をかかないように換気ダクトがあります。

④ベストは洗濯可能でいつでも清潔

ベストはプロテクターを取り出すことで洗濯することができます。プロテクターを取り出すのが若干難しいため、よく説明書を読んで行ってください。

⑤着用一日目から効果を実感
ナハトウェヒターは調整が必要ありません。着用一日目から効果を実感できるでしょう。他のいびき製品には、この機能はありません。

⑥ドイツの専門家チームと開発された商品
ドイツの睡眠研究所、医師、テキスタイルエンジニア、整形外科医などの専門家チームとともに開発された商品です。快適な睡眠環境をご提供いたします。

ナハトウェヒターとは?


ナハトウェヒターはドイツ睡眠ラボの指導の下、寝返りを防止するために背中に大きなプロテクターを装備した、睡眠時のいびき・呼吸をサポートするベストです。ドイツ・スイス・オーストリアの睡眠ラボで販売して大きな反響を頂いています。

メーカーの調査によると、ナハトウェヒターを3~6ヶ月着用することで、使用者の85%がナハトウェヒターを着用しなくても、自然に横に寝る癖がつきました。

横に眠るメリットとは?


日本では成人男性の20~25%がいびきをかいていると言われています。また、その10%は無呼吸症候群になっていると言われています。習慣的にいびきをかく方は、肥満によって喉や気道が塞がっている人が多いです。無呼吸症候群の9割はこのタイプになります。

仰向けで寝ると肥満によって肥大化した舌や軟口蓋が重力で落ち込み、気道を塞いでしまいます。しかし横向きで寝ると重力の影響がなくなり、気道を確保できて呼吸がしやすくなるのです。

人は一晩で20~30回寝返りをうつと言われています。ナハトウェヒターはこの寝返りを制限して横に寝る癖をつける商品です。

利用者の声

“寝る姿勢が原因で無呼吸症候群になる方は、仰向けを防止することで上手に治療することができます。ナハトウェヒターは理想的なしっかりとした作りで安定的に睡眠時に横向きの姿勢を維持してくれます。”

“快適な着用感で睡眠の質が向上し、日中の倦怠感が極端に低下しました。今までいろんないびき用の製品を試しましたが、睡眠中に横に寝る姿勢が保たれるのは、このナハトウェヒターがとても高い効果がありました。”

“ナハトウェヒターはこれまでとてもポジティブなフィードバックを得ております。特に快適な着用感と優しい素材が患者の皆様に好評です。ナハトウェヒターは様々なサイズで提供されているため、多くの患者が自分に合ったサイズを見つけて治療を受けています。横に寝るトレーニングは、患者の方々に情報シートを提出してもらっています。ナハトウェヒターは構想がしっかりと練られており、目的に敵った製品であるために導入しました。今後もよろしくお願いします”

“ひどい「いびき」に悩む一部の患者の方々にとって、夜間の無呼吸の有無に関わらず、仰向けの姿勢を回避させることで、症状が緩和、もしくは十分な効果が得られます。私共の睡眠研究所では、仰向け回避が必要な患者の方々に、仰向けを避けられるベストをお見せしています。多くの患者の方々が自ら進んでナハトウェヒターを選ばれています。その理由は、設計通りの良い機能であることと、他の製品よりも相対的にとても快適な着用感があるからです。”

“始めのひと月を経て、これまで全体的にとても満足しています。無呼吸やいびきをかくこともほとんどなくなり、良い感触があります。睡眠研究所とは、1年後に再検査を行う約束をしており、新たに検査がされる予定です。結論:現在のところ、ナハトウェヒターのスリーピングベスト以上に優れた解決方法を想像できません。このベストを着用すると、呼吸マスクや下顎マウスピースまで用いる必要がありません。”

“私の母がベストを試してみました。以下をお伝えさせていただきます。
長所:いびきが明らかに減りました。(父の証言)
短所:動く際にある種の制約が感じられます。(もちろん当たり前のことなのですが)”

※ご利用者の意見はすべて個人の見解です

ナハトウェヒターの利用方法

就寝直前にナハトウェヒターを装着し、お休みください。最初は慣れないため違和感を感じることがございます。慣れるまで、一日おきに装着していただいても構いません。短い時間でもいいので、少しずつ装着時間を長くしてください。

①ベストを着る

ナハトウェヒターを他のベストと同じように着用してください。プロテクターは背中に配置されるようにします。

②ベストを締める

右側にある面ファスナーのフック部を軽く引き、左側にあるループ部に固定します。ベストは伸縮性がありますので、あまり強く締めないでください。

③位置の調整

ベストを軽く胸の下になるように引いてください。女性は初めから胸の下になるようにベストを締めたほうが良いです。

製品の仕様

■生産国
中国(開発はドイツ)

■素材
プロテクター:100%PU コールドファーム
プロテクターカバー:85%ポリアミド
ベスト:90%ポリエステル、10%エラスタン
ベルト:60%ポリアミド、40%エラスタン
面ファスナー:100%ポリアミド

■サイズの選び方
以下から適正なサイズをお選びください。

よくある質問

①ナハトウェヒターを着用したまま、寝返りをうつことはできますか?
可能です。お腹を下にして寝返りをうつことができます。この回転はトレーニングするうちに簡単にできるようになります。

②いびきが完全に止まるまでにはどのくらいかかりますか?
3-6ヶ月は毎日着用することが望ましいです。ナハトウェヒターを着用して横に寝る訓練ができます。どのくらい時間がかかるのかは個人差がありますが、横向きの睡眠の効果が表れてきたら、ナハトウェヒターを時々、もしくは完全に外して寝ることができます。

③いつも横に寝ることは整形外科的に問題ありませんか?
いびきを防止する上で横に寝ることはとてもメリットがあります。場合によってはマットレスや枕を横向き就寝用に合わせることが必要かもしれません。

④毎日ナハトウェヒターを着用しなくてもいいですか?
必要な時に着用することもできます。利用者の中には、飲酒や鼻水がひどい時、病気になった時だけ使用する人もいます。トレーニング効果を保持するためには3~6か月は継続して着用することをおすすめします。

⑤ナハトウェヒターはなぜそんなに効果があるのですか?
市場にはたくさんのいびき防止製品があります。しかし本当に良質で効果があるのはほんのわずかです。ナハトウェヒターは専門家からなるチーム(睡眠研究所・医師、エンジニア、整形外科師)によって、長期間試験と試作を行い、改良を重ねられて開発された、新しい原理によるいびき防止製品なのです。

⑥使用してもいびきが続くことはありますか?
ナハトウェヒターは仰向けによるいびきを防止します。睡眠研究所の医師も横に寝ることを推奨しています。もしそれでもいびきが続くようでしたら、それは仰向けのいびきではない可能性があります。専門医とよく相談することをお勧めします。

⑦ナハトウェヒターを着用することで、痛みが起こることはありますか?
もし朝起きて肩に痛みを感じたら、横に寝ることができたことが分かります。これは良いことです。
1.最初の二週間は新しい就寝体制に慣れなければなりません。
2.横向きに適していないマットレスを使っている(よくあるケース)
3.横向きに適していない枕を使っている(よくあるケース)
快適に横向きに寝れるようにマットレスや枕を試してみてください。

⑧ナハトウェヒターの下には何を着ければいいですか?
ナハトウェヒターは通気性のよい衛生的な素材を使用しています。そのまま肌に直接着用することも可能ですが、パジャマやルームウェアの上からでも可能です。

ご購入はこちらから

シェアして頂けると励みになります!

フォローして頂けると最新の睡眠情報が得られます!

Facebookにいいねをして頂けると最新の睡眠の情報が得られます!
ブログランキング・にほんブログ村へ