寝るときの服装で睡眠の質を上げる4つの方法

シェアして頂けると励みになります!

科学的な寝るときに最適な服装とはどんな服装でしょうか。寝るときは最適な服装をして、良質な睡眠をとりたいのは、ほとんどにみなさんが考えているかもしれません。

寝ることは量よりも質が重要であるのが分かっています。

例えば仕事が忙しい方は休日に多く寝ようとしますが、これは専門用語で「睡眠の負債」と言われており、一度寝る時間を削ったら二度とその睡眠を取り返せないと言われています。

また、寝る時間を多くとっても、質を重視しなければ疲労や眠気がなくなりません。睡眠の質を上げる一つの方法に、寝るときに服装があります。

そこで今回は寝るときの服装についてお話しします。

スポンサーリンク
広告中

寝るときの服装①締め付けない


まず寝るときの服装で大切なのは、ぴっちりとした動きづらい服装を着て寝るのはできるだけ避けることです。寝るときに締め付けの強い服装をすると、リンパ系の流れを遮断する恐れがあります。

リンパ系は体内の老廃物を排出する大切な役割を持っています。また身体の免疫にも大切な役割を持っています。だからこそ、寝るときの服装はリンパ系の流れを遮断しない服装が大切なのです。

また服装と言ってもパジャマだけではありません。下着の痕が身体につくことがありますが、これはリンパ系の流れを寝るとときに遮断している証拠です。体に跡が残る服装はできるだけ避けた方がいいでしょう。

リンパの働きとは

リンパの働きは以下の二つに大きく分けることができます。

①排泄
リンパは血管で回収できない老廃物を排出する働きを持っています。

②免疫
リンパには細菌を退治する役割を持っていたり、フィルターのように細菌や老廃物を取り除いて免疫力を向上させます。また、一度体内に侵入した細菌に対して抗体を生み出す働きもあります。

寝るときの服装②体温調節する


寝るときに体温を調整するのはとても大切です。こちらの記事にも書いてある通り、寝るときの室温は15℃~20℃が最適です。

暑い日は電気代を節約するために、エアコンを切って睡眠をとる人も多いでしょう。しかしぐっすり眠れるためにエアコンが大切だということはご存知でしょうか?寝るときの温度が体に与える影響は思ったよりも大きいのです。

寝るときの質は体温調節が大きく関係するのです。そのためにも寝るときの服装はとても大切です。

寝るときの服装③ブラジャーはつけない


女性の場合は寝るときにブラジャーをつけないのも重要です。ある報告では、寝るときにブラジャーをつけると乳がんになるリスクが60%高くなることが報告されました。

乳がんとブラジャーに関連がある事は多くの調査・報告によって明らかになっています。

重要なことはブラジャーを外した時に胸や肩、背中に跡が残っているかどうかです。残っていた場合、リンパの流れを止めている可能性があります。

ブラジャーで胸を支えるメリットはない?

300人以上の女性を15年かけて調べた調査では、医療的・解剖学的・生理学的にいっても、重力に抗って胸を支えるメリットはないという衝撃的な報告がされました。

寝るときの服装④ゆったりとした下着をつける


何度もお話ししていることですが、寝るときの服装や下着には、リンパを止めないようにゆったりとした下着を着用することが大切です。

また男性は下着の締め付けが強いと生殖機能に影響が及ぶ可能性があります。ある調査では3か月間の前半に締め付けの強いブリーフを履き、後半にゆったりとしたトランクスを着用して生殖機能のテストを行いました。テスト項目は、①精子の濃度、②総数、③運動精子の総数を測定しています。

結果は締め付けの強いブリーフを履いていると計測値は下がり、ゆったりとしたトランクスを履いていると計測値は上がったそうです。

このことから、寝るときの下着は睡眠の質や生殖機能において、締め付けない服装がいいことが言えます。

一番最適な寝るときの服装とは


パートナーと一緒に寝ているのであれば、裸で寝るのが最適です。寝るときの服装を一切着ずに裸で寝ると、締め付ける服装からは解放され、リンパの流れも遮ることはありません。

またラブホルモンと言われるオキシトシンの恩恵にもあずかれます。また一番睡眠に効果のある薬はオーガズムだと言われています。是非試してみるとよいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は寝るときの服装についてお話ししました。寝るときの服装は以下の点について気をつけましょう。

①締め付けない服装
②体温調節できる服装

またいびきをかいてしまうと睡眠の質が低下します。そうした方にはこちらの記事をご覧ください。

ナハトウェヒターはドイツで開発された新しい睡眠具です。こんな方にお勧めです。 最大の特徴は世界で初めて、横に寝る癖がつくという...
スポンサーリンク
広告中
広告中

シェアして頂けると励みになります!

フォローして頂けると最新の睡眠情報が得られます!

Facebookにいいねをして頂けると最新の睡眠の情報が得られます!
ブログランキング・にほんブログ村へ