本当にツボを押せば快眠できるのか?徹底検証しました

シェアして頂けると励みになります!

快眠できなくて快眠できなくて悩むサラリーマンは多いです。ツボを刺激して快眠を得ようとする人もいますが、本当に効果はあるのでしょうか?実際に快眠のツボを押した口コミを元に検証してみました。

スポンサーリンク
広告中

快眠のツボを押す


ツボを押すとこんな効果があります!と言ったように効果が色々書かれています。でも効果が書いてあるだけで、本当に快眠などの効果があるんでしょうか?おそらくこのサイトを見ている人は、ほとんどがそのように思っているのではないでしょうか?

そこで今回は快眠のツボが効果があるのかを見ていきます。

快眠のツボ:安眠


快眠のツボとして最初におすすめしたいのが、安眠と呼ばれるツボ。名前からもわかる通り、快眠したい方や、安眠したい方が推すと効果があるツボです。

安眠のツボは首の後ろにあります。ちょうど快眠のツボの場所は、耳の後ろにある尖っている骨があるのが分かると思います。この骨は耳の後ろに向かって尖っている骨です。触ってみてください。骨が確認できますか?

その骨から指一本分下にある部分に快眠のツボがあります。この快眠のツボを刺激することで快眠を得ることが可能になります。是非試してみましょう!

ツボの押し方

では安眠のツボの押し方について見ていきましょう。ツボの押し方は一人で簡単にできますので是非試してみてください。

ツボの押し方①まずはこのツボを押してみた時に、コリがあったり、痛みがあるのかを確認してみましょう。コリや痛みがあった場合は睡眠不足で快眠が得られていない可能性があります。

ツボの押し方②中指のお腹で軽く骨を撫でていくように押してみましょう。ゆっくりやるのがコツです。

ツボの押し方③中指のお腹で20秒くらい強く押します。これを5-10回繰り返しましょう。

快眠を得るための安眠のツボを押す方法については以上となります。ご自身でできる簡単に快眠を得ることができる方法ですので、是非試してみてください。

ツボの効果


安眠のツボを押すことで快眠できた人もいれば、逆効果だったという人もいて、評価はまちまちですね。まずはご自身がこの方法が合うのかどうなのか、実践してみる必要がありそうです。

実践してみて快眠できたら儲けものです。是非トライしていましょう。

快眠のツボ:百会


百会のツボはツボの王様という異名を持つツボで快眠できるツボです。百会には以下のような効果が期待できます。
①肩こり
②目の疲れ
③睡眠障害
④頭痛
⑤めまい、目の疲れ
⑥抜け毛

さすがにツボの王様と言われるだけあって、快眠をはじめとしていろんな効能があります。百会のツボの場所は、両耳の上側からそのまま体の真ん中のラインを上に登って行ったところにあります。

ブヨブヨしたり、へこんでたりしますので分かりやすいでしょう。

ツボの押し方

それでは快眠を得るために百会の押し方について見ていきましょう。

ツボの押し方①息を吐いて、両手の中指の腹を使って百会を押します。
ツボの押し方②体を突き抜けていくイメージで、力を加減しながら、20回指圧します。

これだけです。是非快眠を得たい方は試してみてください。

ツボの効果


正直安眠のツボに比べると評価は少ないです。快眠を得るためには、あまり重要ではないツボなのかもしれませんね。

快眠のツボ:失眠


失眠とは言葉の通り、快眠を失する。要するに不眠を意味します。神経や脳が高ぶったままでは快眠することができません。そこで失眠のツボを刺激することで、高ぶった神経や脳を抑え、快眠を得ることができるようになります。

快眠できる失眠のツボは踵の中央の、少し凹んでいるところにあります。

ツボの押し方

それでは快眠を得るために、失眠のツボの押し方を見ていきましょう。

①足裏を刺激するために座ってください。
②片手で足を持ち上げて、反対の手で拳をつくって押します。
③一回20秒ほど、3回繰り返すと効果的です。

ツボの効果

失眠のツボを押すと快眠できたという声が非常に多いです。踵を押すだけで快眠できるので、お勧めです!

まとめ

快眠できるツボについてお伝えしました。快眠できるツボは、①安眠、②百会、③失眠の3つでした。ただし本当に効果があるという口コミは、①安眠と③失眠のツボだけです。

この二つのツボを毎日押すことで快眠を得られる可能性が高くなります。

たったこれだけで快眠が得られるのですから、やらない手はありません!是非試してみてください。

スポンサーリンク
広告中
広告中

シェアして頂けると励みになります!

フォローして頂けると最新の睡眠情報が得られます!

Facebookにいいねをして頂けると最新の睡眠の情報が得られます!
ブログランキング・にほんブログ村へ