phd55266一覧

1分でわかる!無呼吸症候群の診断から治療まで

無呼吸症候群の治療までの流れを見ていきましょう。治療を受けるためには、まず病院で無呼吸症候群の診断を受ける必要があります。無呼吸症候群の場合、耳鼻咽喉科、呼吸器内科、睡眠外来、循環器内科、歯科・口腔外科などで治療を受けることができます。可能であれば専門機関である睡眠外来に診断することがおすすめです。

ナハトウェヒター開発ストーリー

ナハトウェヒターはドイツで生まれた、新しい睡眠器具。完成するまでの道のりは、3年にも及びます。プロトタイプも作っては失敗しての繰り返し。こうして完成したナハトウェヒターのストーリーをご紹介します。

有名人の睡眠時間とは?そこから分かる適正な睡眠時間

睡眠時間を削れば削るほどいいに違いない!こんな間違った偏見を持っていませんか?もちろん睡眠時間を削ったショートスリーパーの人はたくさんいます。ショートスリーパーでビジネスに成功した人や芸能界で成功した人もいます。しかし睡眠時間を削って成功した人はごく一部。

スポンサーリンク
広告中
広告中